フィッシングレポート

Fishing report

カテゴリー

Category

アーカイブ

Archive

2022年7月23日

半夏生も過ぎて!

中村幸春

夏至を過ぎ、半夏も乗り越えた
今年の広島湾、水温が過激に高温になってない
Sea BASSも狙えるけど、商いにならないというか
活かせない!
釣ることはできても、極上仕上げで出せないから、いくら100kg釣っても駄目
真鯛もそーなんだ
音戸大橋を超えると活きるけど、広島湾に入ると直ぐに弱る
だから今出荷できる魚は 黒鯛だけ
この黒鯛マジで賢いというか?凄いサバイバル術を持ち合わせている
いけすの中にいる、黒鯛でも底にへばり付いて網をくぐり抜ける
しかも、この高水温でもぶち元気だから実にEE
年配の漁師さんは、夏の黒鯛と 鱸は精が付くとベタ褒めする
金曜日の早朝にでたが、南西の爆風
しかも餌のイガイはほとんど無くなっていた
全部黒鯛がムシャムシャ食べ尽くした
岸壁は2週間前までは黒光りしていたが、今は牡蛎の殻が外れた白い岸壁なっている
この牡蛎も人の手では殻を外せないけど、黒鯛は見事に外して食べる
賢い魚だ!
南西の風が吹くと広島湾一気に荒れる
竿を出す場所もほとんど無いけど、ダメ元で時化の中
仕掛けを入れる
操船だけでも大変な波高だけど、見事に喰い付いてくる
しかも自作目印が大時化の中でも見事に反応している
これならボート黒鯛の楽しみ方が変るはず
この日、20kgは無理でも2,3匹釣れたら久々に持ち帰って料理しようと考えた
しかし、揺れる波の中で黒鯛が14匹釣れた


1匹は怪我をしていた黒鯛なので、直ぐにReleaseした
合計13匹 13kgかなと思っていたら
出荷報告を見ると、12.7kgとなっていた
全て高値の付く黒鯛だ!!
100kgの水揚げを自慢するより、10kgでも極上の魚を出せたことに自慢したい
凄腕漁師達は、ホンマあり得ないほど、魚を大切に扱う
冷蔵設備も凄い
オイラには無理だけど、海で稼ぐ漁師達は半端ではない
まーそんなsizeだ
オイラ的には黒鯛は1kg sizeが理想
Sea BASSは2kg
メバルは120g
穴子は親指size、
鮎は23cm
カサゴは150gが理想
太刀魚は1500gが理想
カレイも700g
こんな夢ばかり思い浮かべるけど
全て活かしての価値
死魚では駄目
活かせる魚は、今は黒鯛が一番エエし 旨い時期
これを分かってもらいたい
しかも網では無く、竿で釣り上げる黒鯛だ


いつも〆方を説明するが、脳天締めと動脈切断、神経締めをしないとバカにされる
完璧にこなしたら評価されるのが、漁師の世界
いくら魚拓を並べても駄目!写真を撮っても駄目なんだ
様々な職人達は魚の〆方を評価する
もちろん運搬も大切
ホンマは締め具やナイフ、包丁
クーラーや保冷材料などが、釣り具の中でも重要な分野
釣り人は釣ることを考えるが、そろそろ、旨い魚を持ち帰る方法にも目を向けたいと願う
ホンならもっと釣りが評価され、釣り教室も開催されれば様々な問題点が解消されるのでは?
旨い魚を食べたいなら、締め具やクーラーを整えるのが大切
オイラが言いたいのは、旨いさなかを上手く〆て旨い料理をすること。
Ps 先日夕子さんが夢丸締め具を買いにきた
何でも旦那が買ってきてくれと頼んだみたい
多分、「船長なら夕子にはPRESENTしてくれる」と思ったのだろが、お代は頂いた!ありがとう

今朝、節外れの山吹が開花している
なんかエエ事あるかな?