フィッシングレポート

Fishing report

カテゴリー

Category

アーカイブ

Archive

2022年6月30日

いよいよ黒鯛本番!

中村幸春

最高に旨い時期に入った
しかもPower全開!黒鯛だ
夢丸からの黒鯛を狙いには、強引にやりとりできる強靱なラインが必要
道糸3号 ハリス3号で目印は ヒロミ産業社の試作目印
オイラはカーボンでは無く、今年の夏黒鯛はGOSENのOJライン(ナイロン)3号で挑んでいる
そー道糸とハリスが同じナイロンライン
世間ではカーボンラインが主流だけど、硬くなるのが嫌だ
柔軟性とこすれには、ナイロンが強いと感じるのはオイラだけなのか?
さらに道糸とハリスの結束は無いのでマジで強い
ガチンコ対決する仕掛けなので、実にthrilling


餌はイガイ
蟹は芳しくなくなった
そー真鯛もイガイをムシャムシャ食べている時期になった
真鯛がイガイを食べると言っても、誰も信じないでしょうが、その証拠写真も撮影した
胃の中身はイガイだらけ
その前は蟹だったけど、もーイガイがMainになって来た黒鯛は潮位で釣れ具合が違う
そー満ち7分が黒鯛の食事Time
それと夜明けが重なればマジで凄い
目の前で黒鯛が逆立ちしてイガイを食べている
その横をエイがゆらゆら泳ぐ
このエイの後ろには黒鯛がわんさか追尾している
エイがイガイをバリバリ食べて、こぼれたイガイを黒鯛が食べている
このエイも旨ければ狙うけど、オイラは嫌ja
以前何度もエイを掛けたけど、3号ラインでは切れないし、全部引き出されてしまう
結局しんどいだけ!
しかし、あまりにもエイが増えた
黒鯛は減少傾向
ンで、今朝の黒鯛は18匹掛けて14枚取り込めた


仕掛けは完璧に仕上がった
このまま販売できればエエケドね!
市場でも黒鯛の最高値が続いている
やっぱ、広島は黒鯛が旨いんだ
価値ある魚だから大切にしないとイケン
釣り人にできる旨い魚の持ち帰り方を説明する
まずは保管スカリは、最低でも3個以上
そー10匹釣れるとしたら、スカリ1個に3匹程度、
そのスカリはなるべく海底まで沈める
1匹1スカリで4匹目から重ねて入れる。
10枚以上釣れる人は、スカリを多く用意することになる
Releaseするなら釣れたら直ぐに逃がせばEE
スカリに入れて、波で鱗が剥がれる保管ではReleaseとは言わない
絶えず、沈めて落ち着かせる
水温も少しでも冷水場所がEE
納竿前に、脳天締めをして、脊髄を切断
最後に尻尾の付け根の動脈と神経を抜いて、流水放血
これはバケツの中でバシャバシャすればOK
最後にジップパックに1匹ずつ入れて上下に氷を入れて挟む
すると、今まで食べて?が浮かぶ釣り人でも旨さに驚くはず
オイラが思う最適な運搬方法は、放血と神経締め、そして冷温運搬だ
この中でなかなかできなければ、ジップパックに入れて氷だけで挟めば旨い
放血や神経締めはしたいけど、旨さはいかに冷やすか?
ギリギリまで冷やしてみたが、一番旨さが出るのは5度クラス
マイナスでは、食感が悪い
ギリギリの5度を目安にすればゴリゴリ刺身が食セル
是非お試しアレ
脳天締め具も自作
コピー用紙もスッパ切れる
これなら青物でも真鯛でも黒鯛でもOK
誰でも簡単に〆ができるZE‾