ホーム > フィッシングレポート > 中村幸春 > 2021年11月 > 11月30日
フィッシングレポート   中村幸春さんによるフィッシングレポート
メニュー
 
2021/11/30


























































2021/11/21 わんぱく釣り大会模様


この日は午前4時起床して準備を整える
そーわんぱく大作戦の決行日だ


餌は釣具店に予約しているので、
行くと忙しい店内でも直ぐに買うことができた


餌の事前電話注文はホンマ便利がEE
混雑するレジで20人分の砂虫を注文すると
スタッフも嫌なはず
氷も20kgを買い求めた


オイラと一緒に行く永井君は、
かれこれハゼ釣り大会から20数年のサポートを
引き受けてくれている
ありがとうございます。  


ホンで夢丸に荷物を置いてEngineを掛けた
2日前にエンジンオイルもギアoilも
交換しているので整備もバッチリ


ベイマリーナ桟橋に到着
此所の桟橋も広島ベイマリーナ社から許可を得ている
これも使用させてもらえるから
この番組が成立できている


午前5時45分 夢組のHママ、Mママ夫妻、
Nurseナベチャン 北川さん、そして亀ちゃん、
DR児玉、永井君とワシの8名がサポートする


ホンでTSSからも7名がサポートしてくれる
裏方さんはもっと多いホンマ大所帯
これを大型船2隻で行うとなると、
定員20名乗船できる船を借りないとダメ
それを分かってほしい!


昨年は、
「手間が掛かるので大型船2隻ではどうですか」
という話もあったが趣旨が違う


オイラが思い浮かべている「釣りは」
「釣り堀でのIREGUI釣りではない」
「魚と真っ向勝負できる、囲まれていない釣り場で、
創意工夫して、挑戦するのがオイラの目指している
釣り」なんだ


難しいけど、1匹釣れたらブチ嬉しいのが、
オイラが目指す釣り
大きさではなく1匹でも自分で釣れた!!がEE


瀬戸内丸の大型船も6時に到着
直ぐに子供達を案内して乗船
6時15分出船
15分ほど早く出船できた


そーこの日の満潮潮止まりが午前10時40分 
従って、3版に分けた子供達の1組までの
午前10時過ぎまでが潮が動く
これを逃したら 潮止まりと重なり釣れなくなるはず
そこで急いで乗船した


目的地のカワハギParadiseまで45分
桟橋でDemonstrationをする
女子が5名男子が10名で不参加1名だった


応募総数は、わんぱくシリーズの中でも最多の応募だ
その中で16名が当選できる
さらに今年は何度もコロナ影響で延期延期となり
この日を迎えた
事前に何度もPracticeを繰り返している


最初は6月だったのでHママや能美君と
Practiceしたが20カ所で4,5匹と惨敗
ホンで先週は、オイラと能美君でPracticeしたら、
なんとカワハギがわんさか当たる


これにはマルキューのアサリのむき身と
投げ釣りパウダーが威力を発揮
さらにカサゴや、ベラ、
鱚もこのアサリでIREGUIした


各自をサポートが見てくれているので
ワシも安心できる
毎年、船酔いや手を切ったり針が刺さったり大変


DR児玉さんも永井君と同じ、
20年ほどサポートしてくれている名医
外科の手術はホンマ児玉先生にお願いすればEE
さらにさらにNurseのナベチャンは、
とても優しく釣りが上手い


この日も参加した男子が、船に乗船して5分でDown
顔面蒼白でゲロゲロ状態
「酔い止め呑んだか」「呑んだ」しかし、
5分でゲロゲロ


船酔いは酒で酔うのとは全然違い
マジでヤレン


その男子を陸に連れて行き看病してくれたのが、Nurseのナベチャン
少し前は釣り針が刺さり凹んでいたのを
外してくれたのはDR児玉先生
この両名がいなければ釣り大会などできない


さらにM夫妻はいつもサポートしてくれている
非常に穏やかな旦那も、
オイラがしたいことを直に察知してくれて
いつもスムーズに行く


Mママは、任せておいたら何でもできる
彼女に任せたら釣り大会は全然OK
そろそろオイラが引退をしても
Mママが次いでくれるはず


亀ちゃんもいつも参加してくれるし、
瀬戸内丸の船長とも通じ合う頼もしい奴だ
彼がいたら釣り具は何でもそろうし対応してくれる


でもあまり言ったらダメじゃ!
亀ちゃんも釣りがオイラ以上に好きなので、
あまり頼ったらブチ怒り出すぞ


北川姉さんはMママとオイラの釣果を
足したくらい釣る凄腕元祖釣り女
鱚は得意中の得意で全部掛けるので凄いゾ


Hママは夢丸の一番乗船回数を誇るAngler
オイラの釣りは全部MASTERしている
夢丸のMemberもHママのファンが多い
釣り歴はオイラと同じ位です。
怒るとブチ怖いぞ!


んんで、この日、鱚が多ければ砂虫でやればEEし、
当たりが多くても、釣れない時は丸ハゲの登場なので
マルキューアサリにすればEE
仕掛けもカワハギ仕掛けをどっさり購入している


開始を告げると5分後には子供達全員安打となり
別の2カ所からも「全員釣れました」と連絡が入る
前半の1時間で餌がなくなる始末


ハゲのアサリも特大容器だけど、それがほとんど使用してしまうほどの喰いだ
さらにハゲ仕掛けにアサリ餌で真鯛やベラが
掛り始めた
これなら苦手な砂虫は装着しないでもEE


さらにさらに、
夢丸の目の前でハマチがバシャバシャ
水面を飛び出して小魚を貪っている
ルアーがあれば直ぐに釣れそうだ


でも子供達のサポートがこの日は大切
我慢してサポートをする


2回開戦目は潮止まりで喰いが悪くなる
しかし、TSSの社員が近くの釣具店で
餌も購入して来てくれた。
追加の餌も補充して餌の心配は無い


ボチボチ釣りながら3回開戦目
引き潮が動き始めた
またカワハギが釣れだして12時30分納竿


港に戻り昼食と釣果発表
昼食は近くの仕出し屋さんにお願いした
これがブチ旨く、
「空の容器も回収してあげるよ」と言ってくれた


ホンマ皆さんに感謝感謝!
この弁当がマジで美味く量も多いのは(゜д゜)した!
今度はお店に伺います!!ありがとうございました。


なんと大漁賞は男子!大物賞はこれも男子だった
毎年女子が獲得するけど、
今年の大物賞の男子は良く釣った!


その後オイラが真鯛の料理を公開
包丁を研いでくれば良かったけど、
まだ刃は付いている、
有り告の刺身包丁と辰守の出刃包丁


試し切りでコピー用紙は切れた
これで子供達にはかなり意識が入った


真鯛は内藤水産からの提供
今朝、いけすから取りだして放血もしてくれて、
2匹ずつ袋に入れてくれた


これなら帰宅して子供達両親やお婆さんお爺さん
兄弟に自慢して料理をするだろ
すると、
この日の釣りの話をしたりして楽しい一日になるはず


これが釣り!
行くときから、
帰宅して魚を食べて会話できるのが釣りだ