ホーム > フィッシングレポート > 中村幸春 > 2018年8月 > 8月29日
フィッシングレポート   中村幸春さんによるフィッシングレポート
メニュー
 
2018/8/29

























8月27日 大潮二日目 大安 旧暦7月17日


この日は超高圧DREAM BAIT(仮称)
の最終テスト?仕上げ?
午前3時30分出船
流木があちこちあるので、安全走行!!に徹する
そー流木と喧嘩しても勝てないし!
修理費用もワヤクソに掛かるから
ホンマはこんな時間帯は出ないことが絶対にエエ


今年の太刀魚釣り、ほんまに喰いが悪いというか、
太刀魚がいないのか?定かではないが、
あちこちから届く便りは泣き言ばかり
そんなこんな状況下、
超高圧DREAM BAITを試すときがきた


大潮二日目で釣れたらほんまモン!!
「釣りごろつられごろ」の取材は小潮3日目
そー小潮で釣れるのは当たり前と言われる


「大潮の2,3日目で釣れば認めるよ!!」
とも言われる!!糞ッたれ!!


マーどーでもええけど!!


そんな状況下、ウキウキしながらPracticeをする  


この日は今期初めての 
野口さんもPracticeにつきあってくれた。
誰も大潮で予約を入れるGuestはいない!!
why?当たり前か


Hママもこの日は、
「ダメ何よ!!」と連チャン釣行も途切れた。


仕掛けは 夢天3号〜15号
ラインは野口さんも新調した、GOSEN DONPEPEAce8本組の0.6号に3号リーダー1m
先端に夢丸リーダー10号
そして実績のあるヒロミ産業のレインボー


さらに、この日のエサは、ガチンコ勝負の
超高圧DREAM BAITキビナゴOnlyじゃ
イワシがエエとか、秋刀魚がエエとか言われるが、
この日は試作の超高圧DREAM BAITキビナゴで
勝負する


喰わなければオイラの負け!
釣れればそれだけでエエと覚悟  


そー普段なら何種類も持参するが、
この日は超高圧DREAM BAIT キビナゴだけで挑む
泣き言は言わない!言い訳は昨夜している
そー午前10時が納竿Hour


それで釣れなければしょうがない!!
午前4時30分太刀Paradiseに到着
開始を告げる


すると2投目でゴン
釣れるぞ
しかも大潮二日目!!と言う事は、干潮が午前4時
潮も止まり、生命反応は全く無いが、
間違いなく太刀魚臭が漂っている


その後も3連発
餌はもちろん超高圧DREAM BAIT キビナゴ
ぶち嬉しいし、
これだけで来たかいがあるし納得できる


しかし、野口さんが「アタリも無い」とか?why?
仕掛けを見ると、
何と、ヒロミ産業のRainbowではなく、
Green点滅が付いている
直ぐにRainbowに付け替えてあげた


するとここから野口さんも入れアタリ
途中今季最大が掛かったが、
何とSUS42番を折って逃げた!!
コレにはオイラは、とてもぶち嬉しかった!
逆刃が折れるなんてIncredibleが、現実に起きた
なんかエエことがありそうだ


最後は、いつもの場所で入れアタリ
500gSIZEが連発
コレなら超高圧DREAM BAITのPracticeは大成功
掛けたのは、午前10時までで40本越を軽くした!
しかし、取り込めたのは20数本でした。
追い食いはほんまこの超高圧DREAM BAITの特徴!!
超高圧DREAM BAIT キビナゴ間違いなく
{釣れ}るでした。


この超高圧DREAM BAITはの主成分は、
マルキューのつけ込み調味料で作れますよ!!
自分好みの餌で挑むこともおもしろいですよ!!


オイラは、さらに10000m水圧掛けて
浸透させていますが、コレは個人では無理かな?
夢天も研ぎ上げたので折れた!!
薄すぎたのかも?諸刃の剣!!
まー掛かればそれだけでエエし、
アタリがあるだけでもエエし、
海に浮かんでいるだけ十分!!