ホーム > フィッシングレポート > 中村幸春 > 2018年7月 > 7月27日
フィッシングレポート   中村幸春さんによるフィッシングレポート
メニュー
 
2018/7/27












太刀魚準備
あちこちから、太刀魚状況を聞かれるけど、
あとすこしかな?


今年の太刀魚取材はホンマ厳しそうだけど、
ヒロミ産業のRainbow Green点滅、
超美味い超高圧夢丸鰯や、極研ぎ逆刃夢丸天矢!


そして、井手竿(BaitType、SpinningType)に
GOSENのDONPEPE8 Ace0.6号0.8号1号 
さらにDONPEPEAce0.5号を用意した。  


LEADERも今年はガチンコ勝負の
フロロファイタールーツ2号で挑んでみる。


限界仕掛け
無謀だが、当たればそれでエエ!!
取り込めるか取り込めないかより、
アタリがあるだけでもエエ分け!!
仕掛けが持たなければ、強度を高めればエエし
とにかく、アタリ優先の仕掛けを準備している。


通常、フカセや胴突き、投げ釣りでは、
強い=太い〜徐々に細い=弱いに
組み立てるのがお勧め
切られてから、太くするのでは無く、
警戒心の少ない時には、強靱仕掛け
どーもなら無い時は、限界細仕掛けの順番がお勧め


オイラが黒鯛を釣るときは、
最初は1.75号〜始め、
1.5号1.25号1号0.8号0.6号まで
細くしていた。
夢丸からの黒鯛釣りは常時3号ですが


今年の太刀魚は、 
GOSENラインの0.4号0.5号0.6号0.8号 
そして1号を用意する。
みんな太刀魚情報を期待しているようだが、
行かないで待つのはどうかな?
挑まないと達成感は得ることはできないぞ!!
失敗でもそれはオイラにとって、重要なDataとなる  


農家も漁師も全て 
30回年を重ねる頃から、仕事も分かり始めると聞く
そー米も芋も花も30回季節を重ねないと
理解できないとか?


30,40はまだまだ、50,60も幼い、
70でやっと独り立ちとか?
80になると、人に聞かなくてもできる。
やっと一人前!!
凄腕漁師達は、毎日太刀魚に挑んでいる
凄すぎる。  


オイラのメバル釣りはかれこれ37年目かな!!
海釣りはメバルに始まりメバルで終わり!!
最後はウキ(逆光メバル5B)で楽しむはず
川釣りはシラハヤに始まりシラハヤで終わる!!
日新の延べ竿に、蜘蛛を刺して釣るだろうな!